KO&RO About Product Contact SHOP En

FUJI Coffee Dripper

FUJIコーヒードリッパーの特徴は、誰でも簡単にコーヒーの味の濃さを調整できる点にあります。FUJIで採用した”アタッチメントシステム”でなら、難しい知識の必要がなくても 、コーヒーの味の違いを楽しむことができるようになります。もちろんドリッパーはこれひとつでOKです。
本体形状は、スムーズなお湯の動きを突き詰めてたどり着いたものです。富士山を思わせる形になったため製品の名前の由来としました。ドリッパーをかたち作る素材には、美しいだけでなく、慣れ親しめるものになるようこだわりました。ドリッパー本体は、「九谷焼」です。石川県の高い窯業技術によって形作られている磁器製品です。
FUJIコーヒードリッパーは、本体から付属品までのすべてが、日本国内の職人によって作られている、100%メイドインジャパンのプロダクトです。
FUJIでは、アタッチメントを交換してお湯の流れる速度を調整します。アタッチメントで変わるのは、穴の大きさ。つまりお湯のながれる速度が変わります。コーヒーは、お湯の流れが速ければ”薄く”、遅ければ”濃く”なります。これがFUJIの仕組みです。
製品写真一覧
* アタッチメント用クッション(シリコンゴム)は食品衛生の基準に準拠したものを使用しています。
* 「FUJIコーヒードリッパー」の製品はKOANDRO株式会社の登録意匠です。
* ドリッパー本体は職人がつくる焼き物です。台座も職人による木の製品です。発色や木材の色合いにつきまして、個性があり、同じように仕上がらないことをご理解いただきますようお願いいたします。
取扱説明書のダウンロードはこちら